アイラの王様!ラフロイグ10年を飲んでみました。

皆さんこんばんは。

 

いつもブログを読んでいただいて有難うございます。

 

感謝しています。

 

このブログを通して何か一つでも新しい情報を届けれればうれしいです。

 

さて、今回はスモーキーなスコッチウイスキーの中でも1位、2位を争うと言っても過言ではないこちらのウイスキーを紹介していきたいと思います。

f:id:YASUkun:20210314195133j:image

 

ラフロイグ10年です。

 

 

ラフロイグ10年とは

 

ラフロイグ10年は、スコットランドのアイラ島にあるラフロイグ蒸留所で製造されています。

 

1815年、ジョンストン家によってラフロイグ蒸留所を設立しました。

 

「ラフロイグ」とはゲール語で「広い入り江の美しいくぼ地」を意味しています。

 

ボウモアが「アイラの女王」ならラフロイグは「アイラの王」と呼ばれているように、日本では「正露丸のよう」とも言われているこのヨード臭は、海に近い湿地から切り出した海藻や苔をたっぷり含んだピートを伝統的な「フロアモルティング」でじっくりと炊き込んでいるからです。

 

ラフロイグの仕込み水は「キルブライド湖」の水を使用しています。

 

このラフロイグですが、イギリスのチャールズ皇太子も愛飲していて、シングルモルトウイスキーの中では唯一「王室御用達」にされています。

 

では、早速頂いてみます。

 

全て個人の見解です。

 

まずはストレートから。

f:id:YASUkun:20210314201327j:image

 

すごいヨード臭がしますね。アルコール臭も強いですね。

 

味わいは非常にスモーキーで苦味とアルコールのピリッとした感じがします。その奥に微かにフルーティーな風味を感じました。

 

次はロックで。

f:id:YASUkun:20210314201843j:image

 

ロックですとスモーキー感が少し抑えられて飲みやすくはなりますが、やはり正露丸臭はします。

ストレートより少しだけ飲みやすくなった感じですね。

 

次は水割りで。

f:id:YASUkun:20210314214749j:image

水割りにすると普通に飲みやすくなりますね。

 

ただ正露丸の様な香りはしますが、それはこのウイスキーの個性と言う事にすれば美味しく感じますね。

 

若干ではありますが、甘さが最後にくる感じがして、水割りでしか味わえない風味がありました。

 

最後はハイボールで。

f:id:YASUkun:20210314215255j:image

 

スモーキーな風味はしますが、スッキリ飲めるようになりましたね。

 

でも、ラフロイグを飲んでると言うよりはアイラウイスキーを飲んでる様な感じになって、ラフロイグの個性がなくなってるような感じがしました。

 

それではラフロイグのまとめになりますが、ラフロイグを感じたい方はストレート、又はロックをオススメします。

 

ラフロイグは本当に好き嫌いがハッキリする個性的なウイスキーですので是非、色々な飲み方をしてみて自分の好きな飲み方を見つけてみてはどうですか?

 

僕はストレートとハイボールが大好きです。

 

それでは皆さん、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

素敵なウイスキーライフを。

 

乾杯。

f:id:YASUkun:20210314220350j:image