日本市場専用!ホワイトホース12年を飲んでみました。

皆さんこんばんは。

 

いつもブログを読んでいただいて有難うございます。

 

感謝しています。

 

このブログを通じて何か一つでも新しい事を知っていってくれたら嬉しいです。

 

さて、今回のウイスキーですが私も初めて飲むウイスキーですので非常に楽しみにしています。

 

こちらです。

f:id:YASUkun:20210321112405j:image

ホワイトホース12年です。

 

ホワイトホース12年とは。

 

このホワイトホース12年は日本市場専用に開発されたホワイトホースのプレミアム品に位置しています

 

すべて12年以上熟成させた質の高いモルトウイスキーを使って、素晴らしい風味と香りを引き出しています。

 

原酒にはアイラ島のラガヴーリン蒸留所のスモーキーでドライなアイラモルトのラガヴーリンと、フルーティーでマイルドなスペイサイドのクライゲラキと、甘い香りで知られているグレンエルギンがブレンドしているブレンデッドウイスキーになります。

 

アルコール度数は40度でして、値段も2000円くらいとコスパが非常に良いボトルです。

 

それでは早速飲んでみます。

 

*全て個人の見解です。

 

まずはストレート。

f:id:YASUkun:20210321211311j:image

 

色はホワイトホースファインオールドよりは濃い色をしてますね。

 

非常に濃厚で、奥の方で僅かではありますが、ピートの香りがします。

 

アルコール臭はあまり感じません。

 

次はロックで。

f:id:YASUkun:20210321211348j:image

 

とても甘い風味がします。非常に飲みやすくて、しっかりとした濃厚さがあります。

 

次はハイボールで。

f:id:YASUkun:20210321114658j:image

 

ホワイトホース12年の濃厚さや甘さが失われてしまう感じがしますね。

 

普通に美味しいのですが、わざわざハイボールにして飲まなくても良さそうっと言った感じです。

 

今回のホワイトホース12年のまとめになりますが、個人的なオススメはストレートとロックですね。

 

この濃厚で甘い風味を是非飲んでみてください。

 

ただ、ホワイトホースファインオールドのコスパがホワイトホース12年以上に良過ぎるので、そこまで12年をオススメする訳ではないかなと思います。

(12年、普通に美味しいのは間違いないですよ。)

 

最後までブログを読んでいただいてありがとうございました。

 

次回も皆さんにとって新しい事を伝えられるように頑張ります。

 

ありがとうございました。 乾杯。