デュワーズ ホワイトラベルを飲んでみました。

皆さんこんばんは。

 

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

いつも感謝してます。

 

このブログを通じて皆さんに何か一つでも新しい事を伝える事ができれば嬉しいです。

 

さて、今回紹介するウイスキーですが「バーテンダー支持No.1」とか「ハイボールの起源」とも呼ばれているこちらのウイスキーを紹介したいと思います。

f:id:YASUkun:20210420150124j:image

 

デュワーズ ホワイトラベルです。

 

デュワーズ ホワイトラベルとは

 

1846年にジョン・デュワー氏によって創業を開始しまして、ウイスキーをボトルに詰めて売る事に成功し、大躍進を遂げました。そして、ジョン・デュワーから家業を引き継いだ二人の息子、ジョン・アレクサンダー・デュワーとトミー・デュワーにより、その名声は不動のものとなりました。創業から170年、今日も世界中のウイスキー愛好家から愛され続けているんですね。

 

1899年に初代マスターブレンダーのA.J.キャメロンさんが手掛けた長年愛されるブレンデットスコッチウイスキーはスムースな味わいと華やかな香りはハイボールに最適です。 

 

デュワーズホワイトラベルのキーモルト

 

このデュワーズ ホワイトラベルのキーモルトになっているのがハイランド地方にあるアバフェルディロイヤル・ブラックラオルトモアクレイゲラキザ・デヴェロンなどがブレンドされているブレンデッドスコッチウイスキーです。

 

それでは早速飲んで行きましょう。

 

*すべて個人の見解です。

 

ストレート

f:id:YASUkun:20210424214232j:image

 

 

落ち着いたようなフルーティーな味わいがあって、濃厚でありながらもスッと飲める口当たりになっています。

 

オンザロック

f:id:YASUkun:20210420150413j:image

 まず香りからですがバニラやハチミツのような香りがします。

 

次に風味ですがフルーティーで、すっきりとした飲みやすい味でして最後に甘みとスモーキーさを感じてとても美味しいです。

 

ハイボール

f:id:YASUkun:20210420150437j:image

 

ハイボールの起源と言われるだけあってスッキリとして美味しく飲めますね。

 

味わいはロックやストレートとは違いスモーキーさが少し強くなったような気がします。

 

このスモーキーな味わいにバランスよくフルーティーさとハチミツ感がブレンドしていて美味しいです。

 

水割り 

f:id:YASUkun:20210424214254j:image

 水割りにすると甘みが少しだけ強くなった感じがしますけど、全体的にインパクトがなくなった気がします。

 

でも、これはこれで普通に美味しいですよ。

まとめ

それでは今回のまとめになりますが個人的なおすすめは、スッキリと飲みたい方はハイボールでフルーティーで濃厚な味わいで飲みたい方はロックがおススメです。

 

このデュワーズホワイトラベルは1500円位で買えますのでコスパも良いですよね。

是非一度飲んでみてください。

 

今回も最後までブログを読んでいただいてありがとうございます。

 

次回も皆さんの役に立つ情報を届けられるように頑張ります。

 

それでは乾杯。